カラコンで失明するって本当なの?

カラコンで失明するって本当なの?


カラコンで失明するって聞いたことないでしょうか?

少々大げさなんですが、本当のことなんです。

そもそもどうしてカラコンで失明するようなことになるのか?ってことですよね。
通常、普通に使ってるぐらいじゃ失明なんて絶対におこらないんです。

では、なんで??

その回答は、「失明するのはカラコンを間違った使い方をしたり、間違ったケア」をすると失明する可能性があるってことなんです。

基本的に間違った使い方っていうのは、そんなにもありません。
どちらかというと、正しいケアをしていなかったため失明した方の方が多いです。

そもそも、間違ったケアの仕方ってどういうこと?って思いますよね。

間違ったケアはこんなケアです。

・使った後、専用のケース、保存液を使わずにそのまま放置
・使った後のレンズの洗浄をしない
・汚い手でレンズのケアをしようとして、レンズに傷をいれたり、汚したりする。


その他、間違った使い方では「使用期限を過ぎても使い続ける」などあります。

失明のケースとして、まず雑菌等から眼病になってそれから失明に至るケースが多いみたいです。

大体の場合、いきなり失明ってわけではないので、失明を防ごうと思うとできます。
眼病になったり、充血したりなどのサインがありますので。

失明したら日常の生活も苦しくなるし、とても不便になるのは理解できますよね?
カラコンは正しい使い方をすれば、失明する可能性はほとんどありません。

失明してからでは遅いので、絶対に間違った使い方、ケアをしないようにしてください。

カラコン ランキング